EDはシアリスやクエン酸シルデナフィルの服用が有効

男性に起こる可能性のある症状で、勃起機能が低下するEDの症状があります。EDというと完全に勃起しないイメージを持っている人がいるかもしれませんが、完全に勃起しない状態を含めて、勃起に時間がかかってしまうものや、勃起したときであっても持続時間が短いものなども勃起不全に含まれます。EDの症状が現れていると、性行為に支障が出ますので夫婦やパートナー同士の問題としても大きなものとなります。EDになる原因は生活習慣や年齢、精神的な要因などいくつかのものが考えられますが、どのような理由でEDになっている場合であっても、ED治療薬の服用が有効です。
ED治療薬というと正式名がクエン酸シルデナフィルのバイアグラや、シアリスなどが医療機関で処方してもらえるものとなり、ペニスの勃起を促進させる作用が得られます。勃起は一酸化窒素が放出されることで、ペニスの血管が拡張されて起きますが、勃起を抑制させる酵素としてPDE5というものが体内にありますので、それによって勃起を収めることができます。様々な要因でPDE5が増えてしまうと勃起不全の症状が現れてしまいますが、ED治療薬であればPDE5の働きを抑制させることができるために、血管を拡張させて勃起を促進させることが可能になります。クエン酸シルデナフィルやシアリスの服用は1日につき1回までとして、次の服用までは24時間以上間を空ける必要があります。バイアグラやシアリスは医療機関で処方してもらえますが、保険が適用されないために健康保険証の提示をしなくても良いです。自己負担による治療となることから、医療機関を受診するときには事前に問い合わせをして費用について質問しておくことが大切です。

ページトップへ