前立腺肥大症の治療薬のシアリスは妊娠のためにも

EDの症状によって勃起不全や男性機能障害などが発症しているときには、妊娠させることが困難になるケースがあります。勃起不全や性欲が減退してしまうことで、夫婦間やパートナーとの性生活において上手に行為ができなくなるために妊娠を希望している人にとっては、大きな問題となります。妊娠を実現するためにもEDを治療する必要があり、泌尿器科や内科、専門のED治療を受けられる病院に行くことがおすすめです。
医療機関を受診することでED治療薬の処方をしてもらうことが可能となり、バイアグラなどの医薬品を購入することができますが、バイアグラやレビトラの持っていた欠点を改良したものとして、シアリスを選択することも可能です。バイアグラやレビトラはED治療薬ですが、効果の持続時間が服用してから4~5時間ほどしかないことから、服用後早めに性行為をしなければならない問題点がありました。一方で、シアリスであれば効果の持続時間が最長36時間となりますので、早い段階で服用をしておいても、十分に効果を期待できます。シアリスの有効成分はタダラフィルで、肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症の治療薬としても配合されている成分となります。タダラフィルはこれらの症状に加えて、勃起不全などのEDの症状の改善の性能を持つ特殊な成分と言えます。シアリスは食事による影響を受けにくいED治療薬となり、食事や早めに性行為に臨まないとならないという精神的なプレッシャーを受けずに、効果を得られるものとして高いニーズを誇っています。1日の服用回数は1回までとして、服用する間隔は24時間空ける必要があります。副作用や併用禁忌薬も存在していることから、服用のときには医者に相談して治療が受けられるか判断してもらうことがおすすめです。

ページトップへ